大阪のキャバクラに初めて勤務する女の子にとって、時給と同じくらい勤務時間も気になりますよね。
キャバクラは夜のお仕事なので、お店がオープンする夜7時前後から勤務が始まり、クローズまでの真夜中12時~1時前後までがキャバクラ店の営業時間になっています。

お店が閉まった後は素直に帰宅できるように思えますが、閉店後に馴染み客と一緒に食事をしたりドライブに出掛けるキャバ嬢もいます。
閉店後に顧客とおつき合いするため、お店から時給が支払われる事は一切ありません。
それでも顧客との信頼関係を作るために、閉店後も営業活動をしているキャバ嬢もたくさんいます。

一般的な夜キャバの営業時間

一般的なキャバクラ店の開店時刻は午後7時前後。
中には午後5時からオープンしているお店もありますし、午後9時頃から始まるお店もあります。
開店時間はお店によって差がありますが、クローズする時間は真夜中0時~1時の間。
真夜中に閉店するのがセオリーです。

キャバクラを運営するには風営法を遵守しなければなりませんが、通常、キャバクラの閉店時間は0時、ちょうど真夜中と決められています。
特例として午前1時まで営業しても良いエリアもあります。

これ以降の時間営業を続けると法律違反となるため、法令をしっかり守るお店は時間通りにクローズ。
ただ「顧客がなかなか帰らなくて……」という勝手な理由をつけて、午前2時、3時まで営業をつつけるキャバクラがあるのも現実なんですね。

キャバクラの平均的な勤務時間が4~6時間なのは、営業時間の関係によるもの。
夜7時から0時まで営業しているお店では、1日最大5時間しか勤務できません。
キャバクラで働ける時間には限りがあります。

朝から営業する朝キャバや昼キャバとは?

夜キャバの営業時間は、夜7時前後からオープンで真夜中0時前後でクローズするのが一般的。
ところが朝6時前後から開店している朝キャバ、また午後一番から営業開始する昼キャバと呼ばれるキャバクラもあります。

早朝からオープンするキャバクラは、自由に時間が使える自営業者や同じ業界で仕事をする飲食店経営者、飲食店従業員、夜勤明けの会社員、変わった所では観光客も利用しています。
「早朝からお酒を飲む人なんているの?」と思えますが、実は意外にニーズがあるんです。

朝キャバの営業時間は、一般的に早朝6時前後から午後2時前後まで。
昼キャバは正午前後にオープンして午後7時前後にクローズするお店もありますが、オープンして真夜中12時までずっと営業しっぱなしのキャバクラもあります。