大阪のキャバクラで働きたい女の子にとって、やっぱり気になるのが時給(収入)ですよね。
キャバクラの平均時給は一体どれくらいなのでしょうか?

そして少しでもたくさんお金を稼ぎたい女の子は、一体どのような点に注意して勤務先のお店を選べばいいのでしょうか?
このページでは大阪のキャバクラの平均時給や、歩合給についてご紹介しています。

大阪のキャバクラはエリアによって平均時給が違う

これから大阪のキャバクラで働きたい女の子が気になる時給。
じつは各店舗によって時給は違いますし、キャバクラのあるエリアによっても差があるんです。
では一番時給の高いキャバクラは、一体どのエリアにあるのでしょうか?

それはズバリ「北新地」です。
大阪のキタエリアにある繁華街ですが、高級キャバクラが多い地域としても有名で、このエリアのキャバクラなら最低でも時給は6,000円、高級店になると時給は12,000~40,000円にまで一気に跳ね上がります。

高級キャバクラですので、並みの女性ではすんなり採用されない可能性大ですが、一気にお金を稼ぎたい方には狙い目。
北新地以外のキタエリアでは、平均時給が約3,000円~5,000円前後になります。
平均的な時給になりますね。

キタと肩を並べるミナミのキャバクラではどうでしょうか?
こちらのエリアは店舗によって時給に大きな差があります。
ミナミでも有名店や高級店となれば時給6,000円~12,000円前後になりますし、北新地のように時給40,000円の高級キャバクラもあります。

ミナミの平均的なキャバクラ時給が約2,500~4,000円前後なので、店舗によって時給には大きな差がついていると言ってよい状況ですね。
高時給を狙うなら北新地の高級キャバクラを当たるのが良いようです。

キャバクラでお金を稼ぐならバックシステムをフル活用

キャバクラは多くのお店で歩合給制度を採用しています。
キャバ嬢は顧客と電話やメール、LINEなどで連絡を取り合い「明日はイベントがあるから来てね」「今月、まだ会ってないよね?久しぶりにお店で会いたいな」と、営業をかけて顧客を集客する必要があります。

馴染みの顧客と一緒に出勤すれば「同伴バック」で固定給にプラス3,000円ほどの成果給が加算されます。
ほかにもお店で「○○ちゃんがいい」と指名されれば「場内指名バック」が加算されますし、馴染みの顧客がお店で「○○ちゃんに会いたい」と言えば、指定されたキャバ嬢に「指名バック」の成果給が加算されます。

ほかにも顧客からドリンクをおごってもらえば「ドリンクバック」、なにかおつまみを頼んでもらうと「フードバック」、お酒をボトルで入れてもらえれば「ボトルバック」など、さまざまな名目の成果給が加算されて、高額の報酬を得る事ができるのがキャバ嬢の世界なのです。

そのため稼いでいる(人気のある)キャバ嬢は、年収数千万円、なかには億単位のお金を稼いでいる実力者もいます。
その反面、キャバ嬢の世界に馴染めずに辞めていく人がいるのもこの世界の特徴です。