大阪のキャバクラで働くなら、大阪府内の歓楽街・有名なエリアをある程度知っておくと役立ちます。
大阪府は西日本を代表する大都市圏で、約880万人もの人たちが大阪府内で暮らしています。

大阪府の人口だけでもかなりの数ですが、キャバクラを利用するのは地元に住んでいる方だけではありません。
大阪駅とその周辺の駅は毎日多くの乗降客が乗り降りしているので、かなりの人達が毎日駅周辺を利用している事になります。

大阪駅には大阪府内だけではなく、兵庫県や京都府、奈良県など近隣エリアからたくさんの人たちが通勤・通学のためにやってきます。
さらに関西だけではなく、日本全国の方々が仕事や観光のために大阪を目指して集まってくるため、大阪駅周辺にはホテルや飲食店、デパートなど多くの商業施設、宿泊施設、そして歓楽街が広がっています。

大阪府を代表する歓楽街は大きく分けて「キタ」と「ミナミ」。
どちらもかなり賑やかな街ですが、エリアによって特徴や客層などに違いがあります。

西日本最大の繁華街・梅田(キタ)

大阪市北区にある大阪駅と梅田駅は、大阪を代表する陸の玄関口。
大阪環状線・大和路線・阪和線・JR神戸線・JR宝塚線・JR京都線など多くの路線が乗り入れており、毎日多くの乗降客が行き交っています。

「キタ」は西日本で一番大きな歓楽街がある有名なエリアなので、大阪のキャバクラで働きたいなら是非押さえておきたい地域ですよね。

キタのキャバクラは大阪駅や梅田駅が近いとあって、ビジネスで利用する顧客が多いです。
ビジネス利用では大事な顧客を接待しなければならないこともよくあるため、安い飲み代で利用できる庶民派のお店よりも、ゴージャスで非日常的な雰囲気が味わえる高級店の方がニーズがあり、実際そのような店が多めになっています。

そのためキタのキャバクラは高級店が多い事と、客層は地元の利用者だけではなく、会社の重役や観光客も足を運びます。
ときには有名人がお忍びでやってくるので、お店のレベルもキャバ嬢のレベルもかなり高いのが特徴です。

大阪の有数の繁華街・難波(ミナミ)

西日本一の歓楽街キタと対照的なのが「ミナミ」。
こちらは大阪市中央区にある難波駅を中心としたエリアです。
難波駅は梅田駅(キタの中心地)から、大阪市営地下鉄・御堂筋線でわずか10分程度しか離れていないため、キタとミナミ、2つの繁華街は意外と近い場所にあるんですね。

ところが場所の近い2大歓楽街にあるキャバクラは、お店の雰囲気や客層に大きな違いがあるんです。
ミナミの方が庶民派で親しみやすい店舗が多く、地元の方も多く利用しています。

安く飲める事から客層は若い方がメインで、お店も庶民的。気取った所がなく気軽に楽しめるキャバ店が多くなっています。
大阪のキャバクラの多くは、このキタとミナミに集中しているんです。